犬の健康

ワンちゃんの好き嫌いを治す

ワンちゃんの中には、食べ物の好き嫌いがかなり偏っている子がいます。
いわゆる「偏食」というのは、人間に限らずワンちゃんにも存在します。
自分の飼い犬が偏食だったら、ドッグフードはどのように選んで与えれば良いか困ってしまいますね。

・定番のドッグフードを決める
まず、偏食が多いワンちゃんには、必ず食べてくれるドッグフードを見つけてあげましょう。
飼い主さん目線でいつもドッグフードを選んでいると、ワンちゃんも「俺にだって好みはある」ということで偏食になりやすいのです。
犬は口がきけませんから、必ず食べてくれる定番のフードをいくつか常備しておくと、ワンちゃんにとっても安心感のある食事ができます。
体格や体調によってフードを変えたくなるのは飼い主さんの愛情のたまものですが、フードが決まったらできるだけ固定して与えるようにしましょう。

・ワンちゃんの嗜好に合わせすぎない
中にはカロリーが高いものばかり好んだり、ドッグフードより人間の食べ物を好むワンちゃんもいます。
しかし、そうしたワンちゃんに合わせているばかりでは、本人の健康のためになりません。
飼い主さんが選びぬいたフードを食べてくれない時には、思い切って食事を丸ごと下げてしまいます。
すると、ワンちゃん自身も「これしか食べられない」と自覚するようになり、甘えがなくなっていきます。

・おやつのあげすぎに注意
ワンちゃんの偏食の原因の多くは、飼い主さんによるおやつのあげすぎという問題があります。
おやつはワンちゃんなら誰もが嬉しいものですが、与えすぎると食事をしなくなり、偏食も起こりやすくなってしまいます。
人間もそうですが、お菓子などの嗜好品の摂り過ぎで不養生になってしまっては、ワンちゃん自身にとっても寿命を縮める可能性が高くなります。
あくまでおやつは付属的なアイテムとして考え、食事のメインはドッグフードであるということを毎日のしつけなどから教えてあげましょう。


Copyright(C) 2013 大切な愛犬のために必要な事 All Rights Reserved.