犬の健康

良質なフードを探そう

ワンちゃんが食べるドッグフードの安全性は、長きにわたって世界中で議論されてきました。
日本国内におけるペットフードは、原材料の80%を表示していれば良く、100%である必要はありません。
つまり、残りの20%に食品添加物が入っていようが、肉の副産物(羽や爪の粉など)が入っていようが問題ないということです。
もともと海外に比べて安全基準のゆるい日本国内では、ワンちゃんの健康はすべて飼い主さんの目利きにかかっていると言っても過言ではありません。

・粗悪なドッグフードが多い理由
そもそもどうして粗悪なドッグフードが出回っているかというと、実は、日本にはドックフードに関する厳密な安全基準が存在しておらず、酸化防止剤などの添加物をどれほど加えようが、安全基準がないのでメーカーの自由にできるのです。
そのため、スーパーやペットショップにある安価なドッグフードには嗜好性を高めるための添加物がたくさん含まれていたり、無意味な着色料などを使っておいしそうに見せている製品がたくさんあります。
中には、農薬を使用して作られた穀物が混ぜ込まれているフードもあります。
このような状況下で、安くても美味しく食べて貰えればそれで良いと考えるのか、あるいは健康に良いものを食べて長生きして貰いたいのかは、飼い主さんの判断にかかっています。

・高価なドッグフードを上手に利用する
飼い主の立場としては、愛犬には末長く健康でいてほしいもの。
とはいえ、毎日食べるドッグフードがあまりにも高額なものでは、ちょっと手が出しにくいところです。
高いフードというのはそれだけ原材料や安全性にこだわっているものですが、いつもそればかり与えていると経済的に苦しくなってくるのも事実です。
そこで、普段は市販品http://www.zoo-movie.jp/tuuuhann.htmlのドッグフードをメインに与え、具合が悪い時や高齢のワンちゃんにのみ安全なドッグフードを与えるようにするなど、時と場合に応じた給餌の使い分けをすると良いでしょう。

Copyright(C) 2013 大切な愛犬のために必要な事 All Rights Reserved.