犬の健康

国産のすすめ

粗悪な外国産の食材を使った食品が、社会問題となっています。
私たち人間と同じく犬や猫などのペット達にとっても、外国産の食品は健康を害する存在です。
私たち人間であれば、国産の食材や食品を選べばある程度は安心ができますが、ペットフードも国産のものがベストなのでしょうか?

・外国産にも良い製品はあるが…
欧米では犬をペットとして飼う文化が根付いているので、ドッグフードに関しても安全性の高い製品が多数販売されています。
人によっては、外国の特定の銘柄しか与えていないという方もいらっしゃるかもしれません。
しかし、外国産のドッグフードはカロリーコントロールや成分表示がきちんとしている反面、長期の輸送や保存に耐えられるように保存料を含んでいることが多く、ワンちゃんにとっては保存料などの食品添加物が思わぬ毒となる可能性があります。
いくら安全性が保障されているとはいっても、保存料が含まれているかどうかは気を付けたいポイントです。

国産のドッグフードにも優劣がありますし、食材の品質や製造過程などはさまざまですが、添加物を一切加えていないものを選ぶ場合はやはり国産の方が安全であると言えます。
ただし、国産だからといってすべての銘柄が安心というわけではありません。
飼い主さん自身が原材料や味の種類、生産地などをしっかりとチェックし、本当に信頼できる製品かどうか見極めるようにしましょう。

ワンちゃんの健康を考える時に、まず大切なことは「美味しく食べられるか」「健康を損なわない材料を使っているか」が特に重要です。
美味しく食べられるということは、それだけ新鮮な材料を使っているということです。
また健康を損なわない材料というのは、粗悪なフードのように添加物を大量に混ぜ込んでいたり、肉ではない羽や骨などの部位を混ぜ込んでいないということです。
私たちと同じようにワンちゃんも美味しい食事がしたいと思っており、同じ家族の一員でもありますから、ぜひ飼い主さんが良質なペットフードを選んであげましょう。


Copyright(C) 2013 大切な愛犬のために必要な事 All Rights Reserved.