犬の健康

色々なフードを与えるということ

グルメな舌を持つ猫と違って、犬の場合ドッグフードは一種類をずっと与え続けても問題ないと言われます。
しかし、飼い主さんにとっては愛犬は家族の一員。
できるだけいろんな味を食べさせてあげたいと考える方も少なくないことでしょう。
犬の飼い主さんの中には、いくつかのドッグフードを常備しておいて、一定期間がきたら別のものに替えていくローテーション制にしている方もいらっしゃいます。

ドッグフードをローテーション制にすると、まず何よりワンちゃんが飽きずに食事ができるメリットがあります。
人間もそうですが、毎日の食事はただ食べ物を口に入れるというのではなく、美味しいと感じられてこそエネルギーになるものです。
ドッグフードも同じで、常に同じ食事ではなくたまには違ったものを出してあげることで、ワンちゃんにとっての満足度が向上します。

また、ローテーションにすることで栄養素を補えるメリットもあります。
一種類だけ与えていると栄養素が不足することがありますが、二種類以上のフードを一定期間ごとに与えることで、ワンちゃんに不足しがちな栄養がまんべんなく補えます。
ドッグフードの中にはコンドロイチンやL-カルニチンなど、一般的なドッグフードには配合されていない珍しい栄養素が配合されている製品もありますから、いつものフードと交代でこれらの機能的なフードを与える方法もワンちゃんの健康のためになります。

ただし、ローテーションの期間が短いとワンちゃんにとってはストレスになります。
1日、2日置きで食事が変わると、食事の内容が安定していないことにストレスを感じるワンちゃんもいるそうです。
ですから、ローテーションでフードを与える場合はワンちゃんの食事パターンなどを把握し、無理のない範囲で給餌するようにしましょう。
もちろん、ワンちゃんが一種類しか食べない場合は無理にローテーションをする必要はありません。
そのつど、愛犬に合った方法で食事をさせてあげることが一番です。


Copyright(C) 2013 大切な愛犬のために必要な事 All Rights Reserved.