犬の健康

ドッグフードと犬の健康

可愛く太ったワンちゃんは、飼い主さんにとって愛らしいマスコットのような存在。
しかし、当のワンちゃん本人は体重が重く、思うように動けずにストレスが溜まっているかもしれません。
人間もそうですが、太っていることでストレスが溜まるとより過食となり、ストレスを発散させることがあります。
ワンちゃんにとってもストレスは万病のもと。
特に小型犬は足が細いため、脂肪が胴についてくると足には相当な負荷がかかりますので注意が必要です。

・ダイエット時の注意点
ダイエット=食事制限をしなければならないのは、人間も犬も同じです。
とはいえ、飼い主さんがダイエットの適正量を知らず、目分量だけで「ちょっと減らす」程度ではダイエットにはなりません。
まずは動物病院などで肥満について相談し、ワンちゃんのダイエットに効果的なドッグフードを選びつつ、必要摂取量などを聞いておいてからフードを与えるようにしましょう。

・与えるフードにも注意
ドッグフードを飼い主さん自らが選んで与える場合、消化吸収の良いフードを選ぶとダイエット効果がなくなってしまいます。
犬が減量をするためには炭水化物など犬の本来の食事に必要のない栄養素が配合されているものは避け、カロリーの少ないものを選んだ方がベターです。
ダイエット用のドッグフードを優先的に与えるなどして、工夫しながら食事療法を進めていくようにしましょう。

・運動も大切
肥満のワンちゃんのほとんどが室内で飼われるなどして運動不足に陥っています。
そのようなワンちゃんには、ドッグフードから痩せさせるのではなくまずは思い切り外を走らせ、ストレスを解消させてあげましょう。
精神的にも健康になり、食事や睡眠のサイクルが整い、より健康的に。
犬は太古の昔は広い草原を何十キロも走っていましたから、一日を狭い室内で過ごさせるのはダイエットにも健康にも良くありません
愛犬が太ってきたなと思ったら、まずは食事うんぬんよりも、外へ連れ出して一緒に遊んでみてはいかがでしょうか。


Copyright(C) 2013 大切な愛犬のために必要な事 All Rights Reserved.