犬の健康

ドッグフードの複数利用の是非

愛犬には、できるだけ美味しい物を食べて健康でいてほしいのが飼い主さんの思いではないでしょうか。
中には一種類だけでなく、複数の種類のドッグフードを交互に与えたり、混ぜて与えているご家庭もあると思います。
複数のフードを混ぜるということは、いろいろな栄養素http://dogbarkcollars-4less.com/inunihituyona.htmlを一度に摂れて、バラエティ豊富な味が楽しめます。

・メリットを考えてみる
既に述べたように、2種類以上のドッグフードを混ぜるとどちらかにある栄養素を両方補給することができます。
特に、病気療養中のワンちゃんなどは効率的に栄養素を摂らなければなりませんから、交互に複数のドッグフードを与えるより二種類を混ぜて与えた方が効率が良いのです。
また、味わいも豊かであるので、ワンちゃんとしてはいろいろな味を飽きずに食べることができ、食事にさらに満足感が生まれます。
違う食感のフードを混ぜ込んであげれば、食べ応えがありさらに食事が楽しくなることでしょう。

また、好き嫌いが多いワンちゃんの偏食を矯正するためにも、複数のフードを混ぜると効果的です。
定番の(ワンちゃんが好きな)フードに、新しく食べて貰いたいフードを混ぜておくことで、知らないうちに好き嫌いがなくなっていくという方法です。
ダイエット中のワンちゃんも、カロリーの低いフードだけを食べさせると気分を悪くしますから、定番のおいしいフードにダイエット用フードを入れておくことで満足度を損なわずにカロリーコントロールができます。

・デメリットもある
複数のフードを混ぜ込むと、カロリーオーバーとなったり栄養価のバランスが損なわれる可能性があります。
そのため、一日の必要摂取量を綿密に計算してあげなければ、ワンちゃんの健康のためにならないおそれもあります。
また、複数の味が混在するのを好まないワンちゃんにとっては、2種類より1種類のほうが良い場合もあります。
以上のように、複数のフードを利用する際はメリットとデメリットをよく考える必要があります。



Copyright(C) 2013 大切な愛犬のために必要な事 All Rights Reserved.