犬の健康

ドッグフードとアレルギー

一見免疫力が高いと思われる犬にも、人間と同じくアレルギー症状を起こすことがあります。
最近では、今まで健康だったのにある日突然アレルギーになってしまったワンちゃんも少なくありません

・なぜアレルギーになるのか?
犬がアレルギーになる原因には、「ドッグフード」「ハウスダスト」の二つの要因が挙げられます。
ハウスダストなどは家の中を清潔にすれば問題ありませんが、ドッグフードについては飼い主さんもワンちゃんも気づきにくく、自然とアレルギーを発症する原因になります。
アレルギーを起こす食材は、小麦・大豆・とうもろこし・牛肉・豚肉・乳製品などが含まれているドッグフードです。

・穀物に要注意
特に、ドッグフードに混ぜられている穀物はアレルギーを引き起こしやすい食材として知られており、もともと肉食であるワンちゃんの体には合わない場合があります。
そこで、穀物を一切使用しない「グレインフリー」のドッグフードに替えることで、アレルギーを予防することができます。
すでにグレインフリー製品に替えたことで、アレルギーが収まったという報告がいくつもあります。

・安価なフードを避けてみる
もしもワンちゃんがアレルギーになってしまったら、安価なフードを避けてアレルギーの心配のないフードに切り替えてみましょう。
安いドッグフードにはコストを抑える目的で、穀物類がたくさん含まれ、かさ増しされている可能性があります。
また、添加物を入れて嗜好性を高めている場合もありますので、少しでも健康に影響のないフードを探してあげましょう。

・アレルギー対応フード
「アレルギー対応」と明記されたドッグフードには、アレルギーの原因となる材料http://xn--qckubrc3d4m.name/allergy.htmlが一切使用されていません。
運動が好きなワンちゃんには高タンパクタイプのフードを与えるようにすると、アレルギー予防と同時に筋肉もついて代謝がアップし、肥満予防にもなります。
いろいろな製品がありますが、まずはサンプルを貰ってワンちゃんに食べて貰い、合うかどうか試してから購入すると良いでしょう。


Copyright(C) 2013 大切な愛犬のために必要な事 All Rights Reserved.